忍者ブログ
同人小説書き『植栖価値(うえすかち)』のブログだよ。二次創作とかオリジナルとか色々やるよ。でもブログにはあんまり長いのは載せないと思います。変なのを書きがちだよ。最近は主にTeitterに生息中。TitterID:【lost_taboo】
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昔あるところに吉四六という、たいそうとんちの利く男がおったそうな。



 ある日、村の色男が吉四六に、「ヴァージンじゃなきゃあ女じゃねえんだよ」とぼやいた。

 それを聴いた吉四六、色男の『Virgin』の発音の良いことに対して、「それじゃ俺のDaughterなんかどうだい」と、同じくバイリンガル顔負けの滑らかな発音で云った。

「へえ、おめえさん娘なんか居たのかい、そいつあ良いや、是非喰わせてくれ」と、色男はスキップ交じりに吉四六の家へと向かった。

 しかしどういう訳か、家の中には娘どころか人っ子ひとりいやしない。やる気満々で既に一糸まとっていない色男も流石に不審に思い、吉四六に詰め寄ろうとすると、吉四六もまた全裸。吉四六は後ろ手に家のかんぬきを閉めてしまい、そのまま色男に覆いかぶさってしまった。

 

……そして二刻も過ぎたころだっただろうか、色男が「ひでえことしやがる。おめえさんに娘なんか居ないじゃないか、オイラの尻の穴をぐちゃぐちゃにしてどうするつもりだい」と涙声で云った。すると吉四六、「おかしいなあ、俺は童貞(Daughter)喰わせてやっただけだよ」と云うもんだから、色男は、

「なんでえなんでえ、オイラの聴き間違いだってのかい、そりゃあねえよ、あんまりだ」と泣き出してしまった。しかし吉四六、

「まあそう泣くな、これでおまえさんも男の中の男じゃねえか」と。

 ヴァージンじゃなきゃあ女じゃない、ということは、処女を失った色男もまた、女ではなくなったということで、男がより男になった、男の中の男、と。

 おあとが宜しいようで


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[10/14 狐漏尾]
[10/14 合丼来来]
[06/04 狐漏尾]
[06/03 心野]
最新TB
プロフィール
HN:
植栖価値(うえすかち)
性別:
男性
趣味:
ケツを叩いてアヘアヘ歌う事(嘘)
自己紹介:
 女の子が尿意を我慢する様と、キツネっ娘をこよなく愛する。
 あと百合。百合。大好きだよ。

 パンクロッカー。
 活動経歴・なし。




 
 ◆

 リンクを張って下さる際はお手数ですが、
『http://losttaboo.buzama.com/index.html』にお願いします。
 バナー↓(クリックして使ってもらうと幸せ)
banner.jpeg

 また、植栖へのメールは、
『kitunemoreo●yahoo.co.jp』(●を@に変えて)にお願いします。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析