忍者ブログ
同人小説書き『植栖価値(うえすかち)』のブログだよ。二次創作とかオリジナルとか色々やるよ。でもブログにはあんまり長いのは載せないと思います。変なのを書きがちだよ。最近は主にTeitterに生息中。TitterID:【lost_taboo】
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日は友人らとカラオケに行ってきましたが、こういう時、マイナーな曲ばっかり知ってる自分が恨めしくなりますね。いや、有名な曲も好きなのは多いんだけれど、歌えないんだよ!
 発声法のベクトルが全く違う方向を行っているので……。
 せめてもう少し音域を広げていきたいなあ。
 
 ◆

 ドグラ・マグラを読んでいます。
 『黒死館殺人事件』と『虚無への供え物』と合わせて、日本三大奇書なんて呼ばれてますが、むしろ私的には、そこに『匣の中の失楽』を合わせた、四大ミステリと言った方がしっくりします。

 まだ文庫の上巻途中までしか読んでいませんが、これはすげえ面白い。空恐ろしい。
 いや、内容に触れるのは止しておきましょう。しかしここらで読んだ途中の私の感じた不安をひとつ。

 読んでいて感じる私の不安とはつまり、主観の頼りなさです。
 考えてみても下さいよ。例えば私がここにこういった駄文をしたためているとして、じゃあこの文章を書いている私がイカレテいないと誰が証明出来るでしょうか? 私には出来ない。
 もちろん、周囲に自分の正気を主張することは出来る。しかしそんなのは証明足りえない。
 自分の正気を信じることは出来る。しかしそれがどうしたことか。
 私は私の心の判断をすることが出来ない。
 じゃ、第三者に頼めばいい?
 サテ、それにどれほどに意味があるか。
 なぜならば、第三者の視点――即ち客観とは、客体それぞれに於ける主観の集まりに過ぎないのだから。
 自身の正気を証明出来ない者達に、どうして第三者の正気を判断できようか。
 ――もちろんこれは、この文章を読むあなたにも当てはまる。
『我思う、故に我あり』――――なんと心もとない真理ではありませんか!

 ――、とまあ私の思うところはこんな感じ。作品に直接こう書いてあるわけではないものの、とかく脳髄というものをあやふやにするこの作品。読み終えると一度は発狂するというその噂もさもありなん。理解できようというものです。

 サテ……私はこれから、残りも少なくなったドグラ・マグラの上巻を読み終え、下巻も読みに行かなくてはならない。
 ところで私は猛烈に眠い。
 というわけでお休みなさい――。

 ドグラでマグラな世界は決して遠くない。
 むしろ、目先鼻先に、
 ひとの脳髄に直接に――。
 わたしにもあなたにも。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[10/14 狐漏尾]
[10/14 合丼来来]
[06/04 狐漏尾]
[06/03 心野]
最新TB
プロフィール
HN:
植栖価値(うえすかち)
性別:
男性
趣味:
ケツを叩いてアヘアヘ歌う事(嘘)
自己紹介:
 女の子が尿意を我慢する様と、キツネっ娘をこよなく愛する。
 あと百合。百合。大好きだよ。

 パンクロッカー。
 活動経歴・なし。




 
 ◆

 リンクを張って下さる際はお手数ですが、
『http://losttaboo.buzama.com/index.html』にお願いします。
 バナー↓(クリックして使ってもらうと幸せ)
banner.jpeg

 また、植栖へのメールは、
『kitunemoreo●yahoo.co.jp』(●を@に変えて)にお願いします。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析